ディオーネの脱毛施術の保証期間と途中解約について

ディオーネの脱毛施術の保証期間は無期限ではない!

 

ディオーネでは、どんなコースやパーツであっても、12回または6回の施術プランを選ぶことになります。

 

ところが、実はこの際の施術保証期間は無期限ではないんです。

 

 

6回の場合ですと保証期間は1年間、12回の場合には保証期間は3年間と決められています。

 

当然ながら、保証期間を過ぎてしまうと、以降は施術を受けることができません。

 

 

ディオーネでは、基本的に1カ月に1回を目安に施術をするので、それを考えればこの保証期間でもかなり余裕があると言えます。

 

それでも、6回の場合ならば最低2カ月に1回、12回の場合には最低3カ月に1回のペースで通う必要がありますね。

 

このペースは、「毛周期に合わせて2〜3カ月に1回脱毛を行うサロン」と同様です。

 

ゆとりがないわけではありませんが、比較的短い保証期間だと言えます。

 

 

他の脱毛サロンの多くで期間保証を無期限をしているなかにおいて、ディオーネのこの点は少しデメリットと言えます。

 

忙しくて通えない期間が長期間になる可能性があるならば、注意が必要となってくるでしょう。

 

出張が多かったり仕事が忙しいのならば、無期限保障があるサロンを検討したほうが良いかもしれませんね。

 

 

ディオーネを途中で解約したときにはどうなるの?

 

ディオーネを途中解約する際には、解約手数料がかかりますが、しっかり返金されます。

 

返金される額は、

 

  • 契約総額 −( 1回あたり料金 × 利用回数 )− 解約手数料

 

になります。

 

ちなみに、解約手数料は、返金額の10%です。

 

 

例えば、契約総額が12万円、契約回数が12回、すでに3回施術したときを考えてみましょう。

 

この場合の1回あたりの料金は、

 

  • 12万円 ÷ 12回 = 1万円

 

ということになりますね。

 

これを踏まえて計算してみると、

 

  • 12万円 −( 1万円 × 3回 )− 9,000円

 

となりますから、実際に手元に返ってくるお金は、81,000円ということになります。

 

 

解約手数料の10%というのは、他の多くの脱毛サロンと比べてもあまり変わりはなく、良心的な水準だと言えます。

 

また、返ってくる料金がしっかりと明確になっていますから、ある意味では安心できますね。

 

 

とは言っても、解約して手数料を払うのは、まさに「無駄なお金を支払うこと」です。

 

契約する前には、

 

  • 「本当にこのペースで通えるのか」
  •  

  • 「本当にこの回数で良いのか」

 

などを、十分に検討したほうがいいですね。

 

なお、検討する際には、先にお話した「保証期間」についても考慮しておきましょう。

 

 

トップページへ